header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内

紀伊国屋のレジ連動型デジタルサイネージに広告します。

この度、好評の新刊2冊、『次世代への決断−宗教者が “脱原発”を決めた理由』(谷口雅宣〈生長の家総裁〉著)と『おいしいノーミート 四季の恵み弁当』(谷口純子〈生長の家白鳩会総裁〉著)の広告を、全国の紀伊国屋書店に約500台に設置されている、レジ連動型デジタルサイネージ(電子看板)に6月15日から30日まで掲示致します。

レジ連動型デジタルサイネージとは、書店で本を買う際に訪れるレジカウンターのレジ機の前にあるモニターに広告画像を一定時間表示する方法です。今回は、1コマ、10分から15分のサイクルで10秒間表示され、上記2冊が続けて表示されます。この期間、全国の紀伊国屋書店を訪れたらご覧いただけましたら幸いです。

自然の会のフェア、横浜上大岡にて開催

八重洲ブックセンター 上大岡店6階
開催期間 2010年1月30日(土)〜2月28日(日)まで

場所 京急百貨店上大岡店6階
(住所:横浜市港南区上大岡西1-6-1、電話番号:045−848−7383)


「自然の会」がこのほど、小社のほか、研成社、成山堂書店、全国農村教育協会、築地書館、東海大学出版会、東京書籍、どうぶつ社、平河出版社、文一総合出版、平凡社、丸善出版事業部、八坂書房、山と渓谷社の全14社で、自然や環境に関する本をみんなに知っていただこうと、フェアを行っています。

弊社からは、7点(『パクス・ガイアへの道』『もの思う鳥たち』『自然への介入はどこまで許されるか』)、『地球を冷ませ!』『昆虫 この小さきものたちの声』『生命の聖なるバランス』『森からの伝言』)出品しています。

どうぞ、ご来店いただけましたらありがたいです。

小社も新・自然派宣言!

取次のトーハンが、「自然の会」と秋のブックフェア(2010年3月25日まで)を始めました。
全国の書店57店舗で展開しており、トーハンを通して弊社からは5点(『もの思う鳥たち』『樹木たちはこう語る』『自然は脈動する』『森からの伝言』『生命の聖なるバランス』)出品しています。
「自然の会」とは、出版社が自然書を広める目的で結成した会で、自然に関する書籍を刊行している14の出版社が参加しています。キャッチフレーズは「新・自然派宣言―自然があってヒトがいる―」です。
参加出版社は日本教文社、研成社、成山堂書店、全国農村教育協会、築地書館、東海大学出版会、東京書籍、どうぶつ社、平河出版社、文一総合出版、平凡社、丸善出版事業部、八坂書房、山と渓谷社です。


写真は三成堂書店 国分寺店で撮ったものです。(2010年3月25日まで開催)